2023年4月1日

小・中学校における「エリアサポート体制」の実施要綱等(令和5年度~)

(1) エリアサポート体制実施要綱

(2) エリアコーディネーター派遣要領

     ・ エリアコーディネーター派遣に係る様式(Excel)

(3) エリアメンター派遣要領

     ・ エリアメンター派遣に係る様式(Excel)

子どもの実態把握のために、本センターが貸出可能な心理検査器具および内容確認が可能な質問検査用紙等を紹介します。(※原則として、心理検査器具の貸出は、心理検査技術講習会等を受講された方に限ります。また、検査用紙はそれぞれの所属で御準備ください。)
 宮崎県教育研修センター保有の心理検査等一覧


心理検査用具等の借用の手続き    PDF:78.6KB 

物品借用申請書           Word:32.0KB

物品借用書             Word:30.5KB

                   

小・中学校参考様式「個別の教育支援計画」及び「個別の指導計画」

・宮崎県参考様式(小学校版):xlsx

・宮崎県参考様式(中学校版):xlsx

・「合理的配慮」合意形成サポートシート(一部更新)docx

2023年4月1日

宮崎県教育委員会では、市町村教育委員会が行なう就学事務手続を支援するため、特別支援教育の全般的概念、障がいのある児童生徒の就学に係る基礎的・基本的事項及び事務手続等について「就学事務の手引」を作成しています。平成25年9月の学校教育法施行令の改正等を踏まえ、「就学事務の手引」を改訂しました。

市町村教育委員会及び各学校においては、この手引を十分に活用していただき、障がいのある児童生徒一人一人の教育的ニーズに応じた適切な就学及び教育支援の充実に努めてください。

「就学事務の手引」(リンク先:特別支援教育課)

https://www.pref.miyazaki.lg.jp/ky-tokubetsushien/kyoikukosodate/kyoiku/tebiki/syuugakujimu.html

2023年4月1日

宮崎県教育委員会では、インクルーシブ教育システムの更なる実現を目指し、小・中学校等の児童生徒・教職員を対象としたハンドブックを作成しました。すべての教職員が活用できるように、小・中学校等での分かりやすい授業づくりや、過ごしやすい学びの場づくりについて、県内のエリアコーディネーターの協力を得て、多くの実践事例を掲載しています。

ユニバーサルデザインの視点を取り入れた「分かる!」「できる!」学校全体で取り組む授業の土台作りハンドブック(リンク先:特別支援教育課)

https://www.pref.miyazaki.lg.jp/ky-tokubetsushien/kurashi/kyoiku/20211007163009.html

事例報告資料

旧ホームページ「みやざきの特別支援教育」については以下を参照してください。

旧「みやざきの特別支援教育」

高等学校における授業のアクセシブル・デザイン

宮崎県教育委員会では、発達障がいを含む障がいのある子供の乳幼児期から成人期に至るまで一貫した支援方策について検討するために小林市と延岡市をグランドモデル地域に指定し、「発達障がい等特別支援教育総合推進事業」に取り組みました。そこで開発されたのが「相談支援ファイル」です。これまで教育相談のページに掲載していたものをこちらの「資料」のページに移行しました。